箱根を勝手にアピールし隊 〜ヒッチハイクの旅〜

 

 

箱根が好きだーーーーーっ!!!!!!!!!

もっとたくさんの人に箱根の良さを知ってほしい!!

そんな想いから始まったこの企画。でも、どうやってアピールするか・・・ただ行って帰って来るのも味気ない・・・なら・・・ヒッチハイクでもするか!!!!!

というわけで、箱根〜東京間をヒッチハイクをして行きながら箱根の名物をドライバーさんに渡して箱根の良さをアピールしていくことになりました。

 

 

ヒッチハイク決行前日に箱根にはいり箱根湯本内の某旅館で一泊し箱根を満喫DSC00025

DSC00015 ↑この風情のある旅館に一泊した!

そして翌日・・・ヒッチハイク決行日!!

まずは最初の目的地は小田原に決定

DSC00021↑宿内にて準備中

ドライバーさんに渡すお土産を買い

・・・いざ、出発!!

まずは箱根湯本駅からスタート

DSC00027

行き交う車は数多く、これはイケるんじゃね!?と思いきや・・・

一時間待ってみたものの、まったく止まってくれません(泣)早速の挫折!!早くも企画倒れか!?

実はまあ、以前から気付いていたことがあります。そもそも、普通、箱根湯本はヒッチハイクの目的地となる場所。逆にここをスタートにすることは難しいのではないか、と。。。

東京に帰るどころか、ヒッチハイクすらできないで帰るわけにはいきません。

が!

電車は使いました(・∀・)

ひとまず電車で小田原までいきました。

DSC00032

小田原到着!!

それでは、ヒッチハイク再スタート!

場所は小田原インターチェンジの入り口から

DSC00039

行き先を鎌倉にしました。

20分ぐらいたち目の間に一台の車が!!

ついにヒッチハイク成功!

一人目の方は・・・お子さんを連れて新幹線を見に来た奥様でした!

なぜ乗せてくれたのかをお聞きしたところ、ヒッチハイクをしている僕たちを見つけ、「青春しているなぁ!w」と感じたからだそう。

平塚市まで行くとのことでしたので、それまでの道中は大学の話などお互いの話をすること30分。

平塚と茅ヶ崎を結ぶ湘南大橋の手前付近でお別れになりました。しっかりと箱根のお土産も渡し、写真をパシャり。

DSC00041

ありがとうございました!!

DSC00044↑平塚と茅ヶ崎を結ぶ湘南大橋

茅ヶ崎の交通量が多い道まで出てヒッチハイク再スタートです

DSC00046

交通の多い道沿いで待つこと10分。二回目のヒッチハイクに成功しました。行き先は鎌倉方面です。

止まってくれたのは、黒の大きなハイエース。運転手さんは神奈川県内でキッチンの取り付けを行っている方でした。

この方がまあよく喋る、よく喋る!w

湘南の海沿いの道、134号線にまつわるオトナのお話しや、神奈川の観光地、ただの下ネタなどなど、この記事には書けないようなお話しばかりです。

前にもヒッチハイクを乗せたことがあるらしく、昔出会ったヒッチハイカーのお話しもしていただけました。

茅ヶ崎から鎌倉まで下道を行くこと2時間程、鎌倉の大仏(高徳院)付近で降ろしてもらい、お土産と写真をパシャり。

DSC00047

ありがとうございました!!

こうして目的地、鎌倉に到着。

DSC00054

高徳院で鎌倉大仏を見てきました。

大仏さまの力を借りて次のヒッチハイクに再スタートです。

DSC00061

 

次の目的地は横浜!!

DSC00062

10分待ち・・・

30分待ち・・・

DSC00063

 

ちょっと疲れてきましたね(汗)

けど諦めない!!止まってくれる車を待ちました。

最終的に一時間待ちましたが止まってくれる車はあらわれず・・・

迷いました・・・またあの方法を使うか、話し合った結果・・・

使いました電車(・∀・)

DSC00068

というのもわけがありまして、鎌倉市には高速のICがありません。長距離移動する車が少なく乗せて頂けないのです。(推測)

逗子市にはICがあること知り東逗子まで移動、そこからICまで歩くことにしましたが・・・

車どころか、人もいねえ(猛爆)

疲労も溜まり、逗子には泊まれそうなところも無さそうでしたので、僕たちは逗子ICに最後の望みをかけました。

DSC00071

日も暮れ通り過ぎていく車ばかり・・・

そこであることに気づきました、

暗いから字が見えねんじゃね( ;´Д`)?!

DSC00073

そこで携帯で照らしながら車を待ちました。

30分待ち・・・諦めました・・・だって…字が見えないんだもの…

逗子ICに見切りをつけ、電車で帰宅することに決めました・・・

悲しい・・・ここまで来て電車で帰る悔しさ・・・「きっと誰にもこの辛さはわからないさ!と思い逗子駅までの暗い道を帰っていました。

一応行き先を見せながら…そのとき!

DSC00074

クラクションの音が鳴り響く

しかし通り過ぎていくやんちゃな車…   あぁ完全に馬鹿にされた…  「きっと誰にもこの辛さはわからないさ!」

不機嫌になって駅に向かって歩いていたら…

 

さっきのやんちゃな車が反対の車線に!!!!! 運転していたのはイカついあんちゃん!

「横浜?良いよ。」

イカついあんちゃんが仏様のように見えました。

わぁい!

あんちゃんは八王子まで行くとのことだったので成り行きで国分寺まで乗せて行ってもらうことになりました!ありがたやありがたや。

車がとてもイカつい上に、強面のあんちゃん(ご自身で強面でしょ、とおっしゃっておりました)は、見かけによらず夕飯までおごってくれるとても親切な方で、以前にも何人かヒッチハイカーを拾ったことがあるそう。

ご自身が大学生の頃のお話しや、逆に僕たちの話しなどをしながら、国分寺に到着。

しっかりと箱根のお土産を渡し、写真もパシャり。

ありがとうございました!!

DSC00078 DSC00077

今回の旅の企画者の家がある国分寺に無事到着したので、ここでこの旅にピリオドを付けることにしました。

〜旅を振り返って〜

ヒッチハイクは全くの初心者であったためその苛酷さから、後半から箱根の魅力アピールという本来の目的を完全に見失っておりました。これは内緒ですがw

今回の旅で三人の方とお会いし大変お世話になりました。苛酷でしたが、車が止まってくれた時の感動は他では体験できません。それに加え、様々な出会いがあります。

全く別々の人生を歩んできた者どうしが、突然交わり、そして一瞬でまた別れる。

これもヒッチハイクの醍醐味なのでしょう。

 

乗せてくれた方はみないい意味で変わった方ばかりでした。しっかりと箱根のアピールもできたし。

本当にありがとうございました。

 

最後に、箱根は大変素晴らしい所です。緑にも囲まれていて日々の疲れも吹っ飛びます。都内から電車で向かうもよし、車で向かうもよし、ヒッチハイクで目指すもよし。

皆さんも是非一度訪れてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小山大地(248)

投稿者プロフィール

トマトとリードに繋がれていない犬が苦手。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る