バレずに寝る方法教えます。

大切な講義中、授業中、会議中「ダメだ…眠い…。」なんてことありますよね。
しかし、その時に寝てしまうと周囲の人に悪印象を与えてしまいます。

就職や進学のことを考えると、先生方からん印象は少しでも良くして
おきたいので、なんとしてもこんなことは避けたいですよね。

我々はそんな厳しい現実と戦う人々の味方になりたくて
「どうしたら寝ているとバレずに寝ることができるのか?」というテーマで
調査・研究しました。

まず、学生(高校生、大学生)に聞きました。

Q「なぜ授業中に寝てしまうのですか?」

A「寝不足で。。。。。。」
「授業の内容がつまらなくて興味がないから」
「先生の声が子守唄に聞こえる」

結論 ずいぶんアグレッシブな回答でした。この件について生徒側が改善すべき点はありませんね・・・
早く自分が興味持てるものを見つけなさいとしか言えません。

Q「何の授業で寝ていますか」

A 教科

断トツで多かったのは社会(歴史)でした。
確かに先生が、ペラペラと説明しているだけで、退屈ですし
織田が天下をとろうがとらまいが興味がない人はいるでしょう。

だから学生は寝るのです!!

さて、では学生たちはどのような姿勢で寝ているのか?

アンケート調査の結果、主に二つのパターンがありました。

一つめのパターン

image2

image1

こちら「完全あきらめパターン」つまり、成績<<<<<<<<寝心地 の考えの方です。

二つめのパターン

IMG_5846

IMG_5842

こちら「優等生パターン」つまり成績>>>>>>>>寝心地 の考え方の方です。

さて、では教師はどういう点で寝ていると判断しているのでしょう?
こちらは現役の高校教師にアンケートをしました。

・動きが止まっている
・頭や体を伏せている
・目を閉じている
・机から転げ落ちる

先生方は結構見てますね・・・
この点をふまえできる限りバレないポーズを考えると・・・こちらです。

IMG_5842

はい、優等生パターンそのものですね。なんと、アンケートに協力してくれた学生何人かはすでに見つけていた模様です。

このポーズが本当に力をもっているのか
確かめるために我々は眠ると注意されると噂のマクドナルドさんへ行き実践しました。

比較するためにそれぞれ
①おそらくバレないポーズ(優等生パターン)
IMG_5856

②おそらく50%バレるポーズ
IMG_5853

③おそらく100%バレるポーズ
IMG_5857

この3つのポーズで15分間寝ることを試みました。

気になる結果は・・・
マッククルーさんには注意されませんでした!!
だが、しかし!!!!
満席だったので、店に入ってきて空き席を探しているお客さんの目はこう語っていました。
「寝ているなら、家に帰って寝ろよ」
「寝ている人、マジ邪魔なんですケドー!」と。
つまり、(バレないであろうポーズも)普通に周囲にバレていました。我々の負けです。

寝るべからずに場で寝るということは
寝る側もその周囲もいい思いはしませんでした・・・

このことは少し置いておいて、
ついでに成績を気にする高校生のために先生方にこんな事も聞いてみました。

Q「授業中に寝ると成績にどれほど影響を与えますか?」

A「授業態度ではマイナスになる」
「成績には関わらないが悪印象を覚える」
「寝ると授業についていけなくなり、テストの点数が低下し、評定の低下にもつながる」

直接的に、あるいは間接的に必ず成績に関わっていますね・・・

最後に先生方の気持ちも聞いてみました。

Q「寝ている生徒をどう思いますか?」

A「不快です」
「体調が悪いのか心配になる」
「自分の授業がつまらないからかな?と思う」

不快に思うのは当たり前ですよね。しかし、それと同時に自分の授業に対する責任をもち反省していますし、生徒のことを心配すらしてくれている・・・

こんなにも生徒を思う先生方の授業で寝るなんて・・・あなたにはできますか?

という綺麗事にまとめるのはよろしくないですよね・・・

では話を戻して今回の調査の最終結論!
「バレるバレない以前に寝たらダメ。寝ないように早寝をしよう。」 つまり”布団の中でスマホをイジるのはやめよう”です。

以上、ちょっと変わった答えになってしまいましたがこれが現実です。

アンケートに協力してくださった
学生(高校生・大学生)の皆さん
教師のみなさん
ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久保明日美(238)

投稿者プロフィール

メディア学部1年(映像技術)
趣味はスポーツ観戦。特に競泳とバレーボールと野球が好き。時には現地観戦します。家が大好きなインドア派です。パソコン初心者、映像関係初心者。常に開放感を求めています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る