初めてのお店に行って“いつもの”と頼んでみた

 

いつものお願いしますーーーこのセリフ、言ったことありますか?


ドラマや映画で、仕事帰りのサラリーマンがお店で「いつもの」と頼むシーン。

ちょっと良いな〜と思いませんか?

常連の特権ともいえる言葉、“いつもの”

 

 

・・・・・・言ってみたい。

 

でも、ただ言うだけじゃつまらないですよね。なので、

 

 

1度も行った事のないお店で、常連をよそおって“いつもの”と頼んでみました!!

 

〜メンバー紹介〜

2016-05-22 8.45.52北原:じゃんけんで負けてリーダーに。

2016-05-22 8.46.18佐藤:この企画の発案者。

2016-05-22 8.47.09萩原:お店発見者。

2016-05-22 16.11.01鈴木:いつものと頼む仕事を押し付けられる。

 

2092

今回この、お店側からしたら迷惑きわまりない企画に協力してくださったのは

甘味 おかめ 麹町店さん。

他のお客さんもいる中で、見知らぬ客に「いつものお願いします」

と言われたら店員さんはどういう対応をするのか・・・。

 

とりあえず中に入ろう

 

9152

入ってすぐ目に飛び込んできたのは、民芸品の数々。

あいていたテーブル席に着き、出されたお茶を飲む4人

S__15220746

 

・・・・・・ふぅ。

 

メニューを見ると甘味だけでなく、お茶漬けや饂飩なども。おいしそう!

だが本題は食べる事ではない・・・

 

2016-05-22 8.46.18佐「すいませーん注文お願いします」

 

注文を取りに来たのは、美人な店員さん。

          店員「ご注文お伺いします」

 

2016-05-22 8.46.18佐「抹茶アイスひとつ」

    9450_Fotor 美味しかった〜

2016-05-22 8.45.52北「店員さんのオススメお願いします」

   ▽店員さんのオススメ あんみつ

   S__152207455 餡の甘さとフルーツの爽やかさが調度いい!

2016-05-22 8.47.09荻「おでんください」

         730_Fotor お出汁がしみててサイコ〜!はんぺんもとろとろ!

 

  そして・・・・・・

 

 

2016-05-22 16.11.01「いつものお願いします」

 

 

言った!!!店員さんの反応は!?

 

 

店員「えっあっ・・・

 

 

 

すいません、いつものってなんですか?」

 

 

・・・・・・ですよね!

 

少し困ったような笑顔で聞いてきたのが印象的でした。

そしてネタばらしをし、いつものではなくこの店で一番人気の甘味を頼むことに。

▽蔵王あんみつ✨(右上のは黒蜜)

1929_Fotor2016-05-22 16.11.01鈴「黒蜜苦手だったのに、食べられた!」

 

ここでこの企画は終了したかのように思えますが、実はもう少しだけ続きが・・・。

 

食後店員のお姉さんとお話をしたのですが、

なぜか会話がはずみ、オーナの阿部弘子さんともお話できることに。

せっかくなので阿部さんにお店のことを聞いていたら・・・

 

阿部さん「コーヒいる?」

 

えっ

 

戸惑いつつもコーヒーを飲めない事を伝える4人

 

阿部さん「じゃあ抹茶ね」

 

そう言って数分後・・・。

 

5974

なんとタダで抹茶とピスタチオをいただきました。ヤッタネ

S__152207433 おいしかった・・・!

ということで、

結果は、

甘味 おかめ麹町店で、いつものお願いしますと頼むと、店員さんとすぐに仲良くなれてサービスまでしてもらえた。

でした。

3718_Fotor

おかめ麹町店の皆様、今回のおはなしを引き受けてくださり本当にありがとうございました!

〜甘味 おかめ麹町店〜

本店である有楽町店は少し狭く、それゆえ客の回転もはやい。食べて帰るだけのせわしないお客様の姿を見た阿部弘子さんは、ひろい店内でゆっくり食べていただけたらという思いから、麹町に支店を建てる。ホール担当は、客の顔から好みまですべて覚えており、あの人は小豆が嫌いだから小豆ぬきでなど、お客に合わせたおもてなしをする。商品はすべて手作りで、お土産におはぎを持ち帰ることもできる。また、甘味以外にもお握り、お茶漬け、饂飩なども売られている。

阿部さんは、お客様のことを考え、労わることが大事だと言う。また、昨今、若い方々や外国の方々のあんみつに対する認知度が低いことを気にしており、なんとかしたいわねと話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北原 遥(232)

投稿者プロフィール

メディア学部1年 (ビジネス専攻)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る