キスマークを消すのに一番効果的な方法は何か実証してみた

  • 2017/7/12
  • キスマークを消すのに一番効果的な方法は何か実証してみた はコメントを受け付けていません。

こんにちは、皆さんは浮気してますか?浮気はご法度ですが、言う事を聞かないなんて事ありますよね。その一回の過ちで、できてしまったキスマーク。これは消えるのに時間がかかります。そのせいでキスマークが見つかり、浮気がバレてしまうなんて事が多々あります。

今回はその厄介なキスマークを早く消す方法をネットから探し、検証し、実際はどの方法が一番効果的かを調べました。

ドラマ仕立てで描いたので、まずは動画をご覧ください↓↓↓↓↓↓↓↓

彼の浮気がバレないよう早く消す方法を見つけていきましょう。

何もしないと・・・・

最初は何もせず自然に任せると何日で消えるか見ていきましょう。

1日目

赤みが強く、痛いしいです。早く消していきましょう。

2日目

赤みが少し引いています。しかしまだバレバレです。秒でバレます。

3日目

色はほとんど、皮膚に近寄っていますね。でもまだ跡が残っています。バレます。

4日目

ほとんど、消えかかっています。うっすら残っているような状況ですね。

結果

消えるのに6日間かかりました。自然経過だと約一週間の時間を要しました。これでは、ドラマ内の彼は恋人にバレます。早く方法を彼に教えてあげましょう。

方法その1:温める&冷やす

かかる費用が一番少ないこの方法。温めて血管を拡張し、血流を促して早く消す方法と逆に冷やして血管を縮小し、腫れを抑える方法。

温めた方が早いのか、冷やした方が早いのか、白黒つけましょう。

まずは温める方法から!

↑こちらの写真は温める前の写真

うん赤いですね。

↑そして温めた後

まだ変わりはないですが、何もしないよりは早く消えるのでしょうか。結果は・・・・

結果

自然経過とはほとんど日数は変わりませんでした。残念ながら温める方法では効果はあまり見えないようでした。

では冷やす方法では早く消えるのでしょうか!

↑冷やす前の写真。控えめの赤。

↑冷やした後。さて温める方法より早く消えるのでしょうか。

結果

変わらず自然経過と一緒!・・・・・残念ですね。

温める&冷やす方法は自然経過と変わりませんでした。

コストと手軽さで言えば一番良いですが、今回の検証では自然経過と変わらない日数でしたので、これでは彼女にバレて一巻の終わりですね。

早く消す方法を彼に教えてあげましょう。

方法その2:レモン

お次は、レモン!!レモンに含まれているビタミンがキスマークを消すのに有効とゆうことで、レモンの汁を直接キスマークに塗り込みます。

注釈:レモンは自然経過と同時期に撮影されました。

1日目

赤い丸の中がレモンが塗り込まれた箇所です。赤いですね。

2日目

まだ赤いですね。横の自然経過と差がありませんね。

3日目

画質が悪いので、分かりづらいのですか、レモンが塗られている箇所は自然経過の箇所より薄くなってきました。

結果

なんと4日間で消えました。2日も短くなりました。レモンは効果があったようです。しかしまだ、レモンより短い期間で消える方法があるかもしれません、次行ってみよう。

方法その3:軟膏

3つ目は軟膏を塗る方法です。一番効果が期待できそうですね。これは期待していいでしょう。

痛そうですね。でも軟膏ならこのキスマークなんて1日で消えますよ。

結果

もう結果いっちゃいましょう。もう期待してください。言いますよ・・・自然経過と一緒でした。

残念

方法その4:バナナの皮

最後は以外や以外、バナナの皮。バナナの皮で消そうなんて思いつきもしませんよ普通。

結果はいかに?

一番リアルな跡ですね。

結果

以外や以外4日で消えました! レモンといい果物はキスマーク消すにはいいのですかね。

 

彼の結末↓

 

レモンorバナナを選んだら・・・・・

 

軟膏、冷やす、温めるを選んだら・・・・・

いかがでしたでしょうか。楽しんでいただけたでしょうか。もしキスマークを消さなきゃならなくなったら、この結果を思い出して実践してみてください。

浮気 ダメ ゼッタイ

! 効果には個人差があります。必ずしもこの結果になるわけではありません。そこをわかって楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る