”食パン”はなぜ「食」という字がついているのか?

 

 

 

みなさんはデッサンで”食パン”が使われることをご存知でしょうか?

モチーフに使う?そうではありません。

 

 

消しゴムの代わりに”食パン”が使われます!

 

 

そんな食パンですが、消しゴムの代わりに使われているパンのことを”消しパン”と呼称し、

消しパンと食用のパンを区別させるために”食パン”という名前がついたそうです。

 

パンはパンでも消せないパンはないだろう・・・ということで私たちは

 

 

 

日常的に食べるメジャーなパンで一番消しやすいパンを探すことにしました!

 

 

使用したパンはこちら↓↓↓↓

この企画にはデッサン経験のある先輩2人に協力を依頼しました。撮影場所は4階のデッサンで使う教室です。ご協力ありがとうございました!

 

先輩2人には使用したパンの

 

使いやすさ・消えやすさ・安定感・まとまりやすさ・消す時の音の良さ

 

を5段階で評価してもらいました。

 

全部同じ大きさにまとめて少し練ったものを用意して、、、いざ検証!

 

検証動画はこちら

 

結果は・・・

1位 バタール

2位 ライ麦パン

3位 食パン

4位 イングリッシュ・マフィン

5位 塩バターロールパン

でした!!!!

 

しかし、パンの種類(主に塩バターロールパンでしたが)によってはバターの量が多くて紙自体をよごしてしまうことも・・・

デッサンにはいろんな表現方法がありますが、今回の検証では、

『結局消しゴムが一番!』

 

今回はどのパンも小さく丸めて練ったものを使用しましたが、他にも練らずに使用する方法もあるので、この動画を参考に他のパンで消してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

安藤梨恵(005)

投稿者プロフィール

メディア学部1年(映像制作専攻)
写真を撮ることとライブハウスが好きです。一時期はライブの写真を撮っていました。今は照明演出に注目して観に行っています。
好きな食べ物はカレーとラーメンとパンケーキです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る