私たちの想像を絶する字幕

こんにちは。

突然ですが、映画には「洋画」「邦画」があります。

「洋画」とは西洋で作られ、我が国日本に輸入された映画のこと。

「邦画」とは日本映画のこと。

私たちは「洋画」に焦点を当ててみました〜!!

 

 

 

「洋画」を見るとして、

吹き替えで観るか、日本語字幕で俳優の生の演技を観るか・・・・・

 

チームのみんなに聞いてみたところ、字幕で観る人の方が多かった。

なので、あえて私たちは字幕について調べてみた。

 

なんと字幕には”ルール”がある

・1秒の字幕は基本的には4文字(最大6文字)

・英語での字幕はアルファベット10文字まで

・その字幕は字幕スタッフのセンスが光る

 

 

ここでクイズです!

「I am, I was. 」というとある映画の台詞、どう訳すでしょうか?

 

まずはインタビューしてみた結果

9票「私は私だった。」

5票「私は私だ。」

2票「私は、私は。」

2票「私は人間だった。」

などなど

 

 

正解は「私は存在していた。」「私は生きた、そして消える。」

まあ字幕には正解なんて無いので、字幕スタッフのセンスによるんですがね・・

ここから、こんなに短い英文でも人それぞれ受け止め方が違う事が分かりました。ここに私達は興味を持ちました。

 

そこで私たちは実験してみました!!

内容は以下の通りです!

日本語の文章を英語の先生に英語に訳してもらう→その英文を字幕の仕事をされている先生に日本語に直してもらう→最初の文とどのくらい変わっているのか。

まずはこの文章↓

『俺の名前はモーガン。
俺は2040年から来た。
このテープを聞いているって事はもう俺はこの世界にはいない。
2035年のうちに全人類はAIにひれ伏し、地球を支配するのは人類ではなくなる。
このままでは我々はAIとの闘いが始まり、全人類は滅亡するだろう。
そこで君に頼みがある。
ロシア軍が保有するAIシステムを爆破してほしい。何としてでも彼らの研究を阻止しなければならない。
地球の未来のために…』

 

これを英語のMorgan先生に訳してもらいました。

『My name is Morgan.
I came from the year 2040 (twenty forty)
If you are hearing this tape this means that I am no longer here.
In 2035 all of humankind is going to be controlled by AI, which came to dominate the Earth. The human race is no longer in control of the world.
So we began the war against the AI ​but all humans will perish without your help
We need you to blow up as the AI ​​system being held by the Russian military. You must stop at nothing to end their research the future of the Earth depends on it.』

 

そして英語にしてもらったものを字幕の仕事をされている林先生に日本語に訳していただきました。

 

『私の名前はモーガン。
西暦2040年からやってきた。
君がこのテープを聞いているということは、私はすでにそこには存在していないということだ。
2035年に全人類は人工知能の管理下に置かれ、地球は彼らに支配された。
人類はもはや世界の支配者ではない。
我々は人工知能との戦争を開始したのだが、君の助けを得られなければ人類は滅びることとなる。
君にはロシア軍が保有する人工知能システムを爆弾で破壊して欲しい。
彼らの研究を何としてでも止めてもらわなければならない。
地球の未来がかかっているのだ。』

 

 

みなさんいかがでしょうか?

私たちの文章の印象、ニュアンスが随分変わりましたね。

この結果から、字幕というものは

“内容こそそのままだが、表現の仕方や言葉の選び方は訳す人のセンスに委ねられる”

という事が改めて分かりました!

 

 

おまけ

 

私たちの文章をなんと、、、

Google先生にも同じことを一人でやってもらいました。

あまり期待はしないけど……

 

最終的にこのような文章になりました〜〜

『私の名前はモルガンです。
私は2040年来た。
私はこの世にこのテープを聞くことはもうありませんでした。
2035年に、すべての人間がAIに落ち、地球を支配するのは人類ではありません。
このようにして我々はAIと戦い始め、すべての人類は滅びるでしょう。
そこに、私はあなたに賛成する。
ロシア軍が所有するAIシステムを爆破して欲しい。あなたは、すべての費用をかけて研究をやめなければなりません。
地球の未来のために...』 赤字は特にやばい間違い

 

結果:文章の翻訳は機械にはやはり難しいみたいです…

皆さん、Google翻訳をあてにするのもほどほどに〜

 

最後に、

三人(?)の先生方ありがとうございました〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久保春(037)

投稿者プロフィール

JIU メディア学部1年(芸能専攻)
女形スーツアクターを目指し、修行の日々。
特技は「見た目と声のギャップ」

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る