1. HOME
  2. ブログ
  3. サブスクって音楽だけじゃない!お得な3つの定額制サービスを使ってみよう!!

サブスクって音楽だけじゃない!お得な3つの定額制サービスを使ってみよう!!

もはや定番になってきた“サブスク”


私たちの日常生活に溶け込みつつあるサブスクリプション。

期間中は定額制でそのサービスを楽しめるから、そのジャンルをよく利用する人にとってはおトクなサービスかもしれません。

サブスクとは?

サブスクとは、サブスクリプションの略で会員制の定額サービスを意味します。

古くは「雑誌の定期購読」や「アプリケーションの期間利用」から始まったとされますが、近年ではスマホの復旧やIT化の波もありさまざまな業種でサブスク化が進んでいます。

♦そもそも音楽だけじゃないって知ってましたか?

音楽や動画で利用している方が多いのではないでしょうか?

実はランチを食べたり、お洋服のサブスクもあるんです!!

今回はおトクなサブスクを5つ紹介します♪

毎日いろんなランチが定額制で楽しめる


・毎日のランチ代がかさむ!

・美味しいランチをおトクに味わいたい!

そんな方にオススメの、ランチが定額制のサービスがあるんです♥

always LUNCH/月5,980円

『always LUNCH(オールウェイズランチ)』では毎月5,980円(税別)で毎日一回ランチが利用できます。

加盟店である全国の様々なジャンルのランチを味わえるので、毎日のランチをおトクに済ませられるだけでなく、お気に入りのお店も見つかりそう♥

店頭のQRコードを読み取ってパスを見せるだけで利用できるalways Lunchを通勤・通学をする月20日毎日利用したりすると、ランチ代は1日あたり約300円ほど!

コンビニで毎日ランチを買うよりも安く、本格的なランチを味わうことができるので、ランチの仕方が変わるかもしれません♥

◊ここに注意!

always Lunchは

東京都渋谷区

大阪府中央区・福島区・西区

京都府中京区・下京区

福岡県中央区・博多区

と、まだ限られた地域でしか利用できないのであまりその場所を訪れないかも、、、という方は損をしてしまうかも。

しかし、今後拡大していくかもしれないので要チェックですね!

毎回新品のお洋服をレンタルできる!


・クローゼットがお洋服でパンパン!できるだけすっきりさせたい、、、

・毎シーズン違うお洋服を楽しみたい!

そんなお悩みを解消したい方に、服が借り放題のサービスがあるんです♥

メチャカリ/月5,800円

『メチャカリ』では毎月5,800円(税別)でお洋服が借り放題なんです!

一回のレンタルで最大3着まで新品のお洋服を借りることができます。

その後手元におけるお洋服は3着までとなりますが、お洋服を返却すればまた新しいお洋服をレンタルできるんです♥

60日間借り続けるとお洋服がもらえる!

返却せずに60日間お洋服を借り続けると、そのままお洋服をもらえるんです!

別途料金も発生しないので欲しいアイテムは手元においておくといいかも!

また返却をするときはクリーニング不要なので、面倒な手間もありません。

取り扱いブランド数も多く、オフィス・カジュアル・デートなど様々なシーンで使えるので、きっとお気に入りの一着が見つかるはず♪

ここに注意!

お洋服を返却するときには、一回につき別途返却手数料が380円(税別)かかります。

また汚損・破損の状態がひどい場合は、返却受付ができないようなので取り扱いには注意が必要!

毎日のお仕事終わりにちょっと一杯!


・お酒が好き!

・毎日お仕事終わりの楽しみを作りたい!

そんな方におすすめのお酒を楽しめる定額制サービスがあるんです!!

GUBIT/月980円

『GUBIT(グビット)』では月980円(税別)で最初の一杯が無料になるお酒の定額制サービス!

月数回利用するだけでも元を取れそうなGUBITは、お酒好きにはたまらないサービスなのではないでしょうか!!

首都圏で500店舗以上の加盟店があるので、今まで行かなかったお店との出会いがあるかも♥

ここに注意!

チャージ料やサービス料のかかるお店では、お酒代が無料になっても、別途料金がかかってしまうので注意してください。

長い目で見たら安いかも?


定額制でおトクに利用できるサブスクリプション。

決まった額を払うから、使いすぎてしまうことも無くなりそう!

私が実際に利用しているサブスクは、映画・アニメ見放題のNetflixです!

見たいときに名作映画などが観れるので、通学・通勤などに利用している方も多いのではないでしょうか!!

他にもこんなにおトクなサブスクがあるのなら、是非利用してみようと思います!

自分のお財布と相談して、賢く楽しく利用するのもありかもしれないですね♥

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事