音楽の窓 Vol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2021年7月7日(水)

はじめまして!

kioi tv編集者の 五月晴(さつきばれ)と申します

この名前の由来は私が梅雨の時期に生まれたことにあります

五月晴とは、梅雨の時期に見られる晴れ間のことをいう夏の季語なんです

雨が降り続く梅雨の時期、僅かな雲間に顔を覗かせる太陽は

どこか、いつもより晴々とした心にしてくれます

皆さんも見かけた際には夏の風情を楽しんでみては?

ということで今週から連載していく音楽の窓

ここでは毎週テーマに沿った一曲を解説していきます!

音楽の新たな一面をお見せできたらと思いますので、

是非ぜひ毎週チェックしてみてください!

初回となる今回は

名前の由来にもなっている梅雨に関連した楽曲を紹介します!

今回紹介するのは……

ツユ やっぱり雨は降るんだね

そもそもツユとは一体?という方のために……

ツユとは以下の5人からなる音楽ユニットです

礼衣ボーカル
ぷすギター・コンポーザー
miroピアノ
おむたつイラスト・デザイン
AzuyN動画・デザイン

ちなみにコンポーザーとは作曲家のことをいいます

これは「構成」を意味する「Composition」が由来となっています

ですが、日本国内でコンポーザーと呼ぶ場合には

作詞家であるソングライター

ゲームBGMなどを作るサウンドクリエイターの意味も含む場合があるのでご注意を! 

今回のぷすの場合は作詞作曲家としてのコンポーザーです

では話を戻しまして……

元々ぷすはボーカロイドプロデューサーじっぷすとして活動していました

その彼がリーダーとなって19年6月に結成された音楽ユニットがツユです

20年2月にリリースしたファーストフルアルバムやっぱり雨は降るんだね

こちらに収録されているくらべられっ子ロックな君とはお別れだは代表曲となっており、

21年7月現在、YouTubeに上がっているMVは全てミリオンヒットを飛ばしています

そんなツユの処女作となったやっぱり雨は降るんだね

アルバムのタイトルにもなったこの楽曲では、切ない恋心が叙情的に描かれています

それではこの楽曲の歌詞について深掘りしていきましょう!

平行線から遠のいて ほら天気予報も当たんなくて

こんなぐずった空に舞って 僕の声ばっか恥ずかしいね

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

平行線とは僕とあなたの距離のこと

近付くこともなく、遠のくこともなく、ちょうどよかったはずの距離

気付けば僕が話すばかり

今にも雨が降り出しそうな空模様はまさに心そのものでした

放課のチャイムが鳴ったって 君の横顔で聴こえなくて

もう 優等生には出来ない事なんだ

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

優等生だったはずの私が

規則よりも君を優先するほどに夢中になっていた

そんな幸せな日々が懐かしく感じられます

声に出すのは簡単で でも伝えるのは難しくて

本当だって分かんないの? そりゃ天気予報も当たんないね

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

言葉では伝わっても、込められた思いまでは伝わらない

どれだけ思ってもそれが伝わるかは別の話

天気予報は外れ、雲は晴れそうにありません

身長だって覚えないし 下の名前では呼んでくれないんだ

そんな恋は雲のようで 広がって またくっついたりもして

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

君は私のことを覚えてはくれない

どれだけ経っても苗字呼びからすら進めない

2人の距離は雲のように霞んだまま

曖昧に近付いて、また離れてを繰り返しています

そっと差し出してくれた

君の変なセンス全開の傘の中も悪くはないなって

もう思う事さえ出来なくなったって だれのせいよ

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

雨の中あなたが差してくれた傘

変な柄に思わず笑ってしまったあの日

それはもうすでに思い出の中の1ページでしかなく

やるせない思いに心が沈んでいます

だけど やっぱり雨は降るんだね

とっくに打たれ慣れたって強がりさえ届かないんだって

分かってるんだよ そんなの全部

今すぐ流れてしまうように祈るだけ

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

恋の終わりが来ることは分かっていました

強がって何か言葉を伝えようにも

君との距離はそれすら伝わらないほどに遠く

雨が悲しみを流してくれるよう祈るしかできません

やっぱり雨は降るんだね

そうだ 君の声なんて掻き消してこのままずぶ濡れ

お日様が愛おしくて

またね またねって笑うように

しゃがみ込んでしまった

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

もう叶わないと分かってしまった恋

ならいっそ君の声すらも聞こえないくらいに

雨が流してくれればいいのに

それでも「もしも」を願って終わらせられず

笑い合えた日を思い返しながら「またね」と告げて

そこには崩れ落ちる私がいました

今日の天気は晴れだって? 疑って待って傘を持った

トートバック リュックサック ほら荷物がもう煩わしいね

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

傘を持っていれば君との「もしも」があるかもしれない

そんなことを思う自分に煩わしさを抱くほどに

私の心は色々な想いに絡め取られて

動きづらくなっています

今結局ずっと変わらないなら 頭がいっぱいなんて馬鹿みたいじゃん

そんな恋は空のようで 澄み切って 虹は架からなくて

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

変わらないと分かってはいながらも

君への想いを捨てられない私

その心は恋を忘れようと誤魔化しても空っぽなままでした

そっと差し出してくれた君の熱心で真剣な所が刻まれた消しゴム握って

もうときめく事 出来なくなったって だれのせいよ

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

消しゴムの貸し借りなんて他愛もない出来事

そんなことでときめいていたあの日々

それは戻れない思い出の1ページでしかありません

だけど やっぱり雨は降るんだね

とっくに分かり切って認めたくないって

決まってるんだよ こんなの全部

今すぐ溺れてしまえばいい 思うだけ

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

この結末は初めから分かっていたけれど

心のどこかで認めたくない私がいました

それでも避けられなかったこの結末

私は涙に溺れるほどに悲しみに暮れています

やっぱり雨は降るんだね

ずっと君の笑った顔だったあの紫陽花とずぶ濡れ

夜空が奪い去って嫌だ 嫌だって止まるように憂えてしまった

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

季節で色を変える紫陽花の花言葉は「移り気」

私に見せていた笑顔も他の誰かにも見せていたのかもしれない

考えれば考えるほどに思考は暗闇に落ちていき

ついには前に進めなくなってしまいました

だけど やっぱり雨は降るんだね

とうに枯れてしまったってまだ梅雨だよ

後から想ったって君は遠くに

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

涙一つでないほどに泣き続けた私

それでもまだ悲しみは収まることはなく

君は遠くに去ってしまいました

やっぱり雨は降るんだね

そうだ 君の声なんて掻き消してこのままずぶ濡れ

お日様が愛おしくて

またね またねって笑うように溢れ出してしまったんだ

さよならだ

またね またねって笑えたんだ

出典: やっぱり雨は降るんだね/作詞:ぷす 作曲:ぷす

悲しい想いは消えるわけではありません

いまだに涙が溢れそうなままだけれど

前に進むためにその悲しみを心にたたえながら

もう交わることはない2人のため

私は笑って「またね」を告げました

いかがでしたか?

「君」への恋は叶わないと知りながらも諦めきれない「私」の切ない恋心が

曲名でもある「やっぱり」に込められているように感じます

悲しみをたたえながらも歩き出した「私」の姿には

思い出を捨てずとも悲しみを乗り越えるヒントが隠れているのではないでしょうか?

今回の連載はここまでになります!

次回は

「暑い夏にピッタリな一曲」

をお届けしますのでお楽しみに!

ではでは!

五月晴
(さつきばれ)
城西大学メディア学部所属 kioi tv編集者
梅雨の京都に生まれた理系大学生
広く深くをモットーに邦楽全般をこよなく愛している
好きなアーティストは[ALEXANDROS]、櫻坂46など

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る