私の推し~ゲーム実況者編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

はじめまして、徳江です!
突然ですが私の推しを紹介させて頂きます!
どの推しを紹介しようか悩みましたが、今回はゲーム実況者の推しを紹介していきます!

私は(自称)日本TOP4(通称TOP4)と呼ばれるキヨレトルト牛沢ガッチマンの4人のゲーム実況をよく見ています。
このTOP4というのはこの4人のコラボ名であり、名前の由来はコラボ動画内でキヨが自分たちのことを「日本TOP4だな」とネタ発言し、その後もどのゲームでも初めてプレイするゲームでさえも「(ゲーム名)日本TOP4の皆さん」という始まりが続いたことにより、ファンの間で定着していきました。それまでは非公式の呼び名でしたが、昨年の4月にはTOP4の切り抜きチャンネルができたことからTOP4という名前が公式化されました。元々4人はニコニコ動画出身のゲーム実況者であり、現在はYouTubeでの活動をメインです。それぞれのチャンネル登録者は100万人を超える人気実況者さん達です。
(以下愛称を使わせて頂きます。ご了承下さい。)

↓TOP4切り抜きチャンネル[公式]
https://www.youtube.com/channel/UCLVNRjDG8lUNc89Zo8WFq1w/featured

そんな4人を一人ずつ簡単に紹介していきます。

キヨ

現在YouTubeの登録者数360万人で、ゲーム実況者の中ではトップの数字です。
学生時代からの友達と最終兵器俺達というゲーム実況グループのメンバーでもあります。
ゲームジャンルはバカゲーからホラゲまで、単発から長編シリーズまで幅広いです。
彼のゲーム実況は、ほぼノンストップの喋りテンションが高いプレイスタイルです。
ゲームを楽しみつづも間に小ボケ入れてきたり、声のデカさから
視聴者からいい意味で『うるさい』とよく言われています。

私がオススメする動画は、マリオカート8Dシリーズです。
とにかく喋る。とにかくボケる。とにかく騒ぐ
それがキヨのマリカーです。
キヨのチャンネル内でもトップクラスにテンションがおかしくなっているゲーム実況シリーズです。
このいい意味でうるさいのが面白く、見ていてとても元気が出ます!

レトルト

現在YouTubeの登録者数219万人で、
彼もゲームジャンルは幅広いですが、ヤンデレや闇が深いゲームを実況する事が多いです。
エンディング回収などゲームを隅々まで楽しんでいくプレイスタイルです。
彼の鋭いツッコミと時よりでる毒舌が癖になります。
声が特徴的で自他ともに認める華声(鼻声)です。

私がオススメする動画は、「ときめきメモリアルGS4」シリーズです。
女性主人公になりきりつつ、レトさんの反応が面白いので一緒に恋愛ゲームを楽しむ事ができます!
また2週目プレイもされていて、他のエンディングの反応も見れます!

牛沢

現在YouTubeの登録者数128万人で、
ストーリーゲームを中心に長編実況動画を上げています。
メインストーリーを進めるだけでなく、サブストーリーやミッションも進めていき
隅々まで楽しんでいくプレイスタイルです。
彼の独特のワードセンスツッコミのキレが魅力です。

私がオススメする動画は、「龍が如く」シリーズです。(今回はシリーズ一作目のリメイク版・極を紹介します)
うっしーの動画で龍が如くというゲームを知ったので思い出深い動画です。
ゲーム自体のストーリーの面白さはもちろん、
先程紹介したように彼の魅力であるツッコミとワードセンスでより面白いです!

ガッチマン

現在YouTubeの登録者数162万人で、
チャンネル名にも書いてあるようにホラーゲームを中心に実況しています。
ホラー耐性が高く、びっくりシーンでほぼ驚く事がありません。
また、サクサク実況、解説実況といったプレイ済みのゲームを実況することもあります。
その為、淡々とゲームをプレイしていくシュールさ安心感でホラーが苦手な方でも見やすいです。

私がオススメする動画は、「バイオハザード」シリーズです。(今回は再生回数が高いRE2を紹介します)
ホラーが苦手な方でもバイオシリーズはアクションの要素が強いのでびっくりシーンが比較的少なめです。
また、プレイ済み実況であるため安心して見ることができ、
ムービーの際は喋らないようにされているのでゲームの世界観にのめり込むことが出来ます。
私は元々ホラーが苦手だったのですがガッチさんの動画をきっかけにホラーゲームを見れるようになりました。

また、別チャンネルで「ガッチマンV」(登録者数45.1万人)として配信をメインにVtuber活動されています。
(私はガッチさんがこの活動をされてからVtuberを知り、沼に入りました)
ガッチマンV新3Dお披露目では3Dのクオリティと技術がすごい!
そしてオリジナル楽曲「ガッチマンV」を発表し、なんとその作詞・作曲を担当したのが
「スーパー戦隊」シリーズの「魔法戦隊マジレンジャー」主題歌兼ボーカリストを担当し、
「ドラゴンボール超」の2期OP「限界突破×サバイバー」の作曲者でもある岩崎貴文さんです!
他にも有名な楽曲を担当されているので詳しくはこちらのウィキをご覧ください[https://ja.wikipedia.org/wiki/岩崎貴文]
日曜朝を彷彿とさせるようなかっこいい曲なのでぜひ聞いてみてください!

このようにそれぞれの個人動画はもちろん。
異なった実況スタイルのTOP4はどの動画も面白いので
ぜひ見て欲しいです!




関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る