じゃがいもの代わりを求めて

突然だが、きみはジャガイモが好きか?

私たちは大好きだ!!!!

ポクポクとした食感、じんわりと口の中に広がる甘み、豊富な栄養素、揚げてよし煮てよしの万能食材……そんなジャガイモを私たちは愛している!大好き!ジャガイモのベッドで寝たいと思うほどに想っている!

しかし、ジャガイモを愛していたとしてもジャガイモを切らしてしまうかもしれない。そして、その時にジャガイモを使った料理が食べたくなったら私たちはどうすればいいのだろうか?

そうだ!ジャガイモの代わりを見つければいいんだ!

という事で、私たちは緊急時にジャガイモの代わりとなる食材を見つけるためキッチンへと向かった。

※買いに行くという選択肢は無いという事でお願いします。

 

*ジャガイモについて*

ジャガイモとはナス科ナス属の植物。馬鈴薯とも呼ばれる。原産はペルー南部とされており、日本には1598年オランダ人によって伝来し、飢饉対策として江戸時代にはジャガイモ栽培を推奨していたとされている。

ジャガイモといえばデンプンを多く含むことはご存知だと思うが、栄養素も多く含んでいる。主にビタミンB群、ビタミンC、カリウム。その他にも食物繊維などを含んでいる。芽や緑色に変色した皮などには毒性が含まれており、食用として扱う際は下準備の時に丁寧に除去する必要がある。
カロリーも低く栄養素も高い優秀な野菜。ちなみにジャガイモに限らずいも類を食べると屁が出やすくなるが、これは腸内でデンプンや食物繊維を分解する際に発生するガスによるものなので、この屁は健康の証なので気にしなくていい。世間体は気にしちゃうけど。

つまり…優秀な穀物で野菜なんだよ!

(出典:Wikipediaカルビー研究開発本部タケダ健康サイトより)

 

*代打紹介*

話を戻そう。私たちはジャガイモの代わりとなる食材をジャガイモと同じイモ類以外から味や食感、見た目の観点から三つ選んだ。

リンゴ!

卵の黄身!

高野豆腐!

この三つの食材をおふくろの味として名高い「肉じゃが」みんな大好き「フライドポテト」のジャガイモの代わりとして調理していこう。

 

*調理開始*

まずは代用品をジャガイモに似せるための下準備をしていこう。

リンゴは肉じゃが用は3㎝角に切り、フライドポテト用はスライスし水分を飛ばす。卵の黄身は茹でた卵から白身を取り、フライドポテト用は粉状にしたら、小麦粉を少しづづ混ぜていき、固まるまで練る。

肉じゃが用はそのまま。高野豆腐は熱湯で戻してから、肉じゃが用は短冊状に切り、フライドポテト用は絞り水分を飛ばす。これにて下準備は終了。

続いて肉じゃがの調理に移る。使う代用品以外の食材は豚バラ肉、にんじん、玉ねぎ、オクラ、しらたき。一般的な肉じゃがの材料だ。
まずは食材を切っていく。豚バラ肉は5〜6cm幅、人参は乱切り、玉ねぎは5〜6mm幅のくし形に、オクラは横半分に切る。しらたきは7〜8cmの長さに切ってから水気を絞る。次にフライパンでサラダ油を熱し、高温になったところで豚バラ肉を炒め、色が変わったらにんじん、玉ねぎ、卵の黄身以外の代用品、しらたきの順に入れ再び炒める。全体的に油が回ったらお湯を加え、煮立ったらアクを除き、ふたをして2〜3分煮る。その後、砂糖、酒、醤油、塩とオクラを加え汁が少し残るまで再び煮る。代用品が卵の黄身の場合、オクラと一緒に入れる。


これで肉じゃがの完成!

次にフライドポテトを作る。代用品を棒状に切り(リンゴはスライス)する。

素揚げして完成!お手軽!

見た目はそれっぽくなっただろうか?

*実食*

食べてみなければジャガイモの代わりになったかどうか判断できますまい。ということで、班員以外の人に実食してもらい、最もジャガイモに近かった食材に投票してもらった。

まずは肉じゃがの感想から!

〈リンゴ〉

「見た目はジャガイモ、味は大根」
「酢豚のパイナップルの感覚」
「一番ジャガイモっぽい」

〈卵の黄身〉

「おでん」
「代わりのとしてはおいしい」
「ジャガイモの代わりではない」

〈高野豆腐〉

「普通に豆腐」
「湯葉に近い」
「おいしい」

どうやらリンゴが頭一つ抜けている模様。フライドポテトも続いていってみよう。

〈リンゴ〉

「甘い」
「そういう料理」
「リンゴそのもの」

〈卵の黄身〉

「しけったパン」
「後味が黄身」
「一番近い」

〈高野豆腐〉

「無味無臭」
「芋ではない」
「素材」

フライドポテトでは卵の黄身が人気だった。反対に高野豆腐は散々な言われようだった。
それでは結果発表!総投票数15票!トップに輝いたのは…!

リンゴ〉〈卵の黄身〉〈高野豆腐〉
  8     
4        3

映えある一位はリンゴ!ただし、「ジャガイモの代わりになるか?」といえば「うーん…」と言う意見が大半だった。このことから導き出される結論は…

*総評*

大人しくジャガイモを買いに行こう。
今回紹介したのはあくまでジャガイモの代用品であり、「スーパーが閉まっている」「買いに行くのがめんどくさい」「イモ類がない」などという時のピンチヒッターでしかない。ジャガイモを食べたいのならば、多少の手間を惜しんででも買いに行くなり、採りに行くなりするべきだ。ジャガイモを心から愛する私たちとしてはそうして欲しい。それはそれとして、個々の料理としては大変美味だったので是非お試しあれ。

 

長山祐大(244)

投稿者プロフィール

メディア学部1年(芸能専攻)
声優やアニメ、ゲーム好き。最近はキンスレにどハマり中。神奈川県出身。同じ大学の最寄り駅の友達がいないのが悲しい。ジャガイモ料理といえばハッシュドポテト。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る